映画「十三人の刺客」(2010) を見たよ

物語は、明石十万石の家老が、江戸の老中・土井大炊頭利位(平幹二朗)の家の前で切腹するところから始まります。
オリジナルの様式美は少し残っているけど、切腹シーンを入れるなど海外での商売を考えたであろう色気が腹立たしい。

これは主君・松平左兵衛督斉韶(稲垣吾郎)の暴挙に対する抗議なのですが、将軍の異母兄弟である斉韶を処分できないと将軍の決定が出ます。
そこで老中としては、ひそかに刺客を送って明石藩主を亡き者とし、天下の政道を保とうと考えます。
そこで旗本・島田新左衛門(役所広司)を呼び、その暗殺を実行させます。

何が余計かというと、まずバカ殿は別にどういう人物でもいいわけで、あれは記号なのに、今回は稲垣を起用したことからかその暴虐ぶりを強調して、ラストに見せ場を作ろうとする。
そのスケベ根性がなさけない。
もちろんそのことが、家老・鬼頭半兵衛(市村正親)の忠告に耳を貸さない理屈付けになっている部分もありますが、そのために鬼頭と島田の対決という構図に水を差した。
それはこの映画の本来の面白さを分かっていない作り方だと言うしかありません。

そしてこの映画の作り手は、今の観客に分かるようにという親切心(実は今の観客を蔑視している)で、いろいろなオリジナルにないエピソードを付け加えています。

僕が不満なのは、オリジナルができるだけ抑えてしゃべらせていたにもかかわらず、今回は必要以上にドラマチックに語らせていること。

これも作り手の観客に分かりやすく(つまり昔のような上等な作り方では分からないという観客蔑視)作っているわけで、この作業が日本映画をだめにした本質だということに気づいていない。
【13万増】私が長崎で一番高く車買取をしてくれる業者を見つけた方法